2018.8.25
/
不動産投資

不動産投資における良いセミナーと悪いセミナーの見分け方

(写真=TZIDO SUN/Shutterstock.com)
(写真=TZIDO SUN/Shutterstock.com)
セミナーへの参加は不動産投資成功への近道です。不動産投資セミナーは、書籍やネットでは得られない情報やナレッジを提供してくれます。しかし、セミナーの中には投資家を騙すような悪いセミナーもあるのが現実です。良いセミナーと悪いセミナーをどのように見分ければいいのでしょうか。

良い不動産投資セミナー

良い不動産投資セミナーは、投資家のために不動産投資成功のための情報やナレッジを提供してくれます。セミナーでは書籍やネットには載っていないものを得ることができるのです。

投資ではリスクを管理することが重要です。投資リスク軽減を目的としたものは良いセミナーと言えるでしょう。例えば、立地の選定や物件の選び方、空き室対策、失敗事例などのセミナーで、投資リスクへの対応方法を教えてくれます。

悪い不動産投資セミナー

一方、悪い不動産投資セミナーは投資のメリットを強調し、リスクの説明が不十分な傾向があります。不動産業者が自分たちの利益を優先し、投資家へリスクを適切に伝えずに契約させるなど、悪質なものがあるのです。

最近発生した悪質な不動産投資の例として、女性向けシェアハウスの運営会社の経営破綻がありました。「自前の土地や資金がなくてもシェアハウスのオーナーになれる」との触れ込みで投資を募り、投資家たちが1億円を超える借金を負う事態となりました。これは極端な例かもしれませんが、世の中には悪質な不動産業者がいることを認識し、投資家にとって良くない不動産投資を判断できるようになる必要があります。

不動産投資セミナーに参加する前に基礎知識を得ておく

不動産投資に関する何の知識もないまま不動産投資セミナーに参加した場合、セミナーの内容が良いのか悪いのか判断することができず、騙されるリスクが高くなります。

不動産投資に関する知識がほとんど無ければ、不動産投資の書籍を何冊か読み、ブログなどから情報を得ておくことをお勧めします。不動産投資の基礎的な知識を得ることで、自分がどのような内容のセミナーに参加すべきか分かり、悪いセミナーを見分ける基礎ができるからです。

不動産投資セミナーの見分け方

では良いセミナーと悪いセミナーを見分けるにはどうすべきでしょうか。

まずはセミナー講師の不動産投資の実績を確認します。講師が不動産投資家で、投資の実績があればWebサイトなどで実績を確認します。不動産投資で実績のある講師によるセミナーであれば良いセミナーである可能性があります。講師が不動産投資家ではなく不動産業者の場合、自社物件を売ることが目的となることがあります。セミナー後に不動産業者による強引な営業がある場合は注意しましょう。

セミナー内容からの見分け方は、不動産投資のメリットとリスクの伝え方です。「誰でも不労所得を得ることができる」などの言葉で不動産投資のメリットを強調し、リスクを伝えないセミナーでは、その投資は避けるのが賢明です。同様の例として、「長期の家賃保証」や「自己資金0で始める不動産投資」などの投資はリスクを正しく把握してから行うべきものであり、リスクを理解しないままの契約は避けるべきです。

医師など高収入な不動産投資家が気をつけるべき点

安定した職業で高収入な人は悪質な不動産業者からターゲットとされることがあり、気を付けるべきです。

安定した職業で高収入な人は金融機関の融資を受けやすく、大型の不動産投資が可能です。しかし、大型の不動産では赤字が拡大すると、高収入であっても自己破産せざるおえない状況になることもあります。

また、高収入な人は納税額が多く、セミナーで節税メリットが紹介されると興味を惹かれる人が多いでしょう。しかし、節税といっても投資した不動産の赤字分が節税につながるケースなどがあり、本末転倒になる可能性があるので注意しましょう。

不動産投資セミナーで騙されないために

良いセミナーと悪いセミナーについて紹介してきましたが、悪いセミナーを恐れる必要はありません。不動産投資についての正しい知識を身につければ簡単に騙されることはないからです。

不動産投資セミナーで騙されないためには、信頼できるメンターを一人つくることをお勧めします。信頼できるメンターの見つけ方は、セミナーやブログの内容から、実績があり信頼できると思う人を探します。信頼できそうなメンターが見つかったら、セミナーや面談などに積極的に参加しましょう。メンターに相談できるようになったら、投資前に意見をもらうこともできます。

セミナー後の懇親会に参加することもお勧めです。講師からセミナーでは聞けなかった情報を得られることがあり、不動産投資の仲間をつくることもできます。仲間どうしでの情報交換は、不動産投資家としての成長の糧になるでしょう。

投資をするのは難しいことではありませんが、知識や経験なしに投資を成功させることは簡単ではありません。良い不動産投資セミナーに参加し、不動産投資を成功へと導きましょう。

文・松本雄一(ビジネス・金融アドバイザー)

【オススメ記事】
富裕層が不動産投資をする理由
不動産投資をするなら知っておきたい団信の落とし穴
不動産投資コンサルより資産運用コンサルがいい理由
これから海外不動産投資で注目される国・地域はここだ【2019年版】
団信があるから大丈夫?マンション投資で保険をやめていいのか
PREV Brexitで価格上昇が期待できるのは? 海外不動産投資で敢えて「欧州」
NEXT 不動産投資への融資はこれからどうなるのか?

関連記事

公式Twitterアカウント