2018.8.22
/
不動産投資

住みながら収益を生む「自宅不動産」の利点と注意点

(写真=Pixelbliss/Shutterstock.com)
(写真=Pixelbliss/Shutterstock.com)
自宅として住んでいながら家賃収入が得ることができる「自宅不動産」。賃貸併用住宅やマンションを一部自家用にするといった方法があります。実際に建物を建てたり買ったりして収益を得ていく際の注意点とは。そもそも自宅不動産とは?まず賃貸併用住宅から考えてみましょう。公益財団法人日本賃貸住宅管理協会は公開している資料の中で、賃貸併用住宅について「賃貸併用住宅とは、賃貸物件所有者の自宅の一部を賃貸住宅にした住宅で、賃貸と自宅を併用した住宅」としています。後述しますが、最初から賃貸併用住宅として建てるケースと一戸建てを途中で改修などし、賃貸併用住宅にするケースもあります。自宅用マンションを収益不動産化す...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 海外不動産に投資したいドクターが注目すべき「コモンウェルス」とは?
NEXT これから海外不動産投資で注目される国・地域はここだ【2019年版】

関連記事

公式Twitterアカウント