2018.8.30
/
マネー

医師年金、iDeCo、年金保険……確認しておきたい医師が対象の年金制度

(写真=Chinnapong/Shutterstock.com)
(写真=Chinnapong/Shutterstock.com)
長生きをすると、誰しもに平等に訪れるのが老後の生活。もちろん医師も例外ではありません。幸せな老後の生活を送る為に大切なのが年金です。医師年金をはじめとした公的・私的などのあらゆる年金について、その仕組みや特徴を確認しておきましょう。開業医と勤務医では公的年金の制度が違う医師の公的年金制度は、開業医と勤務医で大きく異なります。開業医の場合の公的年金制度は20歳以上60歳未満の国民全員が必ず加入する国民年金のみです。基礎年金や一階建て部分とも言われています。2018年度の保険料は月額16,340円です。65歳から年金が満額支給された場合、年間77万9,300円(2018年7月現在)です。一方...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV クレジットスコアレンディングで社会はどうなる? 信用経済の社会
NEXT 社会的地位の高い医師・歯科医師があらためて知っておきたい「寄付」

関連記事

公式Twitterアカウント