2018.8.18
/
マネー

経費で落とせるもの 落とせない・落とさないほうがいいものとは?

(写真=everything possible/Shutterstock.com)
(写真=everything possible/Shutterstock.com)
将来、開業を目指している勤務医にとって気になるキーワードは「節税」ではないでしょうか。「売り上げは欲しい、でも税金は圧縮したい」というのは、どんな事業主でも考えるところです。そして、節税の最大のカギは「経費」の計上ですが、しっかり理解していないと損してしまいます。経費で落とすべきものとそうではないものの違いについて整理しておきましょう。経費を勘違いすると節税にならず、現金が消えるだけのこともまずおさえるべきは「経費にはならないもの」です。実は、税金の計算する上で「経費にならないもの」を知らない勤務医は少なくありません。経費に関する勘違いを早い段階で修正しておきましょう。「経費になりそうだ...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 子供にどうお小遣いを渡せばいいのか 富裕層はどうしているのか、海外は?
NEXT 仮想通貨だけの技術ではない「ブロックチェーン」は医療業界も変えるのか?

関連記事

公式Twitterアカウント