2018.12.10
/
開業・経営

医療法人のM&Aのメリット・デメリットとは

(写真=tuthelens/Shutterstock.com)
(写真=tuthelens/Shutterstock.com)
経営者にとって悩ましいのが、事業承継の問題です。かつては親族内承継が主流でしたが、最近では第三者に医院を売却するM&Aが増えてきています。M&Aをするときは、メリット・デメリットを踏まえて慎重に情報を集め、意思決定することが重要です。成功すればM&Aのメリットは大きい長年地域の医療に貢献してきた医師であれば、自分が退職した後のことを不安に思うこともあるでしょう。退職後の選択肢として、廃業か事業承継があります。近隣に同じ診療科が多ければ廃業しても患者さんを引き継ぐことができますが、それも難しい状況であれば事業承継を検討することになるでしょう。事業承継には、親族内承継...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 開業医だからこそ悩む「妻を経営にどこまで関わらせるべきか」
NEXT 融資判断に直結!銀行担当者がチェックする決算書の数字とは

関連記事

公式Twitterアカウント