2018.11.18
/
開業・経営

クリニックの増患対策――売上を分析するときのポイントとは

(写真=smolaw/Shutterstock.com)
(写真=smolaw/Shutterstock.com)
開業医の場合、売上や患者数の増減がダイレクトに収入に影響します。開業間もない頃であれば、借入金の返済もあります。売上や患者数の悩みが尽きない時は、データ化して分析し、増患対策を行うことをお勧めします。クリニックの売上分析の仕方「患者さんが減った気がする」という不安は、開業医の方なら何度も抱いたことがあると思います。不安な時は、いっそデータ化してしまうことで、問題解決を図れる場合があります。クリニックの売上を分析するために必要なデータは、「レセプト件数」「実人数」「診療点数」の3要素です。また、実人数をレセプト件数で割ることで「来院回数」が、診療点数をレセプト件数で割ることで「レセプト単価...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 医療法人化は不要?個人事業でもできる節税対策
NEXT 出資持分のある医療法人は要注意!備えておくべき相続対策のすべて

関連記事

公式Twitterアカウント