2018.11.13
/
開業・経営

なぜ海外では医師が「派遣・非常勤」という働き方に注目しているのか

(写真=metamorworks/Shutterstock.com)
(写真=metamorworks/Shutterstock.com)
医師不足が慢性化している米国では、臨時の医師を雇用する病院や診療所が増加傾向にあり、過去15年間で派遣・非常勤で働く医師が推定で2.6万人から4.8万人に増えています。興味深いことに、派遣・非常勤という雇用形態をキャリアアップの一環だけではなく、「新しい働き方」として受けとめる潮流が、医師の間で広がっています。9割以上が過去1年に非常勤の医師を雇用米国の医療人材派遣サービス企業スタッフケアは2017年に発表した「派遣医師の動向調査」の中で、非常勤で働く医師の数が2002~2017年にかけて継続的に増え、全体の6%にあたる4.8万人に達したと見積もっています。米国医師会(AMA)のデータに...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 欧米でMBAを取得する医師が増えている?医師にも必要なビジネスマインド
NEXT 開業医の事業承継、40代から検討しても決して損はない理由

関連記事

公式Twitterアカウント