2018.10.31
/
開業・経営

30代、40代、50代以上……開業医の年代別資金ニーズとは

(写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)
(写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)
日本の地域医療において、重要な役割を果たしてきた開業医。地域社会の中で、患者さんに質の高い医療を提供する開業医は欠かせない存在であり、医師としてやりがいも大きいことでしょう。一方、開業医は経営者でもあり、また家族の大黒柱でもあります。将来に向けてどのように資金を準備していけばいいのか、自らマネジメントする必要があります。30代:開業資金・運転資金や育児・教育費用など30代でまだ開業をしていない場合は、将来の開業に備えて資金を貯めておくことも必要ですが、医院を開業する場合は、銀行などの金融機関からの融資を受けるケースが多いです。医院の設立に向けて規模や場所などを検討することとなりますが、土...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 開業医の事業承継、40代から検討しても決して損はない理由
NEXT 医療法人の節税――社宅家賃を経費計上するときの注意点とは

関連記事

公式Twitterアカウント