2018.10.28
/
開業・経営

医療法人の節税――社宅家賃を経費計上するときの注意点とは

(写真=Tero Vesalainen/Shutterstock.com)
(写真=Tero Vesalainen/Shutterstock.com)
医療法人で、社宅家賃を使って節税する方法があるのをご存知でしょうか。一定の要件を満たせば、医療法人から直接自宅の家賃を支払い、なおかつ一部を経費にすることができます。この記事では、社宅家賃を経費にできる仕組みや注意点についてご紹介します。社宅家賃を経費計上する仕組み医療法人化し役員報酬を高く設定しても、高額な所得税が天引きされてしまうため、なかなか手元資金は増えません。それどころか、所得税を支払った手取り額の中からさらに自宅マンションの家賃を支払うのは、家計に大きな負担を与えます。しかし、医療法人の社宅という形でマンションを賃貸することで、医療法人から直接自宅の家賃を支払うことができるの...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 30代、40代、50代以上……開業医の年代別資金ニーズとは
NEXT クリニックの事業承継で考えたい5つのポイント

関連記事

公式Twitterアカウント