2018.10.26
/
開業・経営

クリニックの事業承継で考えたい5つのポイント

(写真=Stock-Asso/Shutterstock.com)
(写真=Stock-Asso/Shutterstock.com)
経営状況や後継者の問題などにより、クリニックの承継が必要になることがあります。そのような事業承継の際に、まず考えるべきことは何でしょうか。また個人経営クリニックと医療法人クリニックの事業承継は、どのように違うのでしょうか。クリニックを譲る側と譲り受ける側双方にとって、事業承継で押さえておきたい5つのポイントを紹介します。事業承継先の検討クリニックの事業承継で、最初に気になるのが承継先です。一般的には親族が承継先の第一候補になるでしょう。もし承継できる親族がいなければ、第三者を検討することになります。候補は開業希望の勤務医、分院希望の開業医、事業会社などが考えられます。開業希望の勤務医にと...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 医療法人の節税――社宅家賃を経費計上するときの注意点とは
NEXT タイムマネジメントに長けた医師がしている7つのこと

関連記事

公式Twitterアカウント