2018.8.20
/
開業・経営

学会で差をつけるテクニック「服装、接待術」編

(写真=Robert-Horvat/Shutterstock.com)
(写真=Robert-Horvat/Shutterstock.com)
「医師のための『学会で差がつくプレゼン』のテクニック」では、発表者として国内外の学会に参加される人へのアドバイスを中心に述べましたが、本稿では参加者すべてに関係する服装術や接待術に関するテクニックを紹介します。できる人は服装を含めた立ち居振る舞いがきちんとしており、またオフタイムのエスコートもスマートです。筆者がこれまでの学会やシンポジウム参加の際に出会った、服装や接待が素晴らしかった方々を思い出しつつ、実践したいポイントをまとめてみました。服装――注意すべきは「ビジネスアタイア」国内の学会では服装のルールが明示されていることはあまりないかもしれませんが、海外ではドレスコードが定められて...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 医師の副業 目的は報酬ではなく自己実現と社会的意義
NEXT 世界と日本の富裕層は何に興味がある? 調査で判明した趣味・関心事 各7選

関連記事

公式Twitterアカウント