2018.7.17
/
開業・経営

開業したい医師・歯科医師が早くからやっておくべきこと

ronstik / shutterstock.com
ronstik / shutterstock.com
勤務医として働きながら、「もっと自分の方針、信念に合った医療がしたい」「自分の働き方は自分で決めたい」と考えている医師も少なくないでしょう。たとえ、「今は開業なんて考えられない」という人であっても、「いつかは」「そういう機会があれば」という思いはあるのではないでしょうか。いざそういう機会ができたり、そういう思いが強くなったりしてから慌てて考えるより、早くから準備だけはしておいたほうがいいはずです。

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
PREV 医院の承継を考えている歯科医師が準備しておくべき節税

関連記事

公式Twitterアカウント