2019.1.10
/
ライフ

もしもに備えて――結婚した医師が注意すべき財産問題とは

(写真=Svetlana Kramar/Shutterstock.com)
(写真=Svetlana Kramar/Shutterstock.com)
多忙な医師は、結婚後は財産の管理を配偶者に一任してしまうケースが多いです。しかし、財産状況を正しく把握していないと、もしもの際にトラブルになる場合があります。争いを回避するため、よくあるトラブル事例と注意すべきポイントを解説します。開業医が気をつけるべき財産問題一般に、開業医は財産問題が複雑化しやすい傾向があります。配偶者という立場だけでなく、従業員や役員として配偶者が経営に携わっていたり、配偶者の実家から資金援助を受けていたりするためです。税理士は税金のエキスパートですが、家族関係や相続問題まで想定した提案をしてくれることはほとんどありません。税理士から「節税になる」と提案を受けたから...

記事の全文はd.folio会員の方がご覧いただけます。すでに会員の方はログインしてください。非会員の方はd.folio会員にご登録の上、ログインしてください

おすすめ記事
NEXT 富裕層の7つの共通点

関連記事

公式Twitterアカウント